お店のこと

初代忠治郎 茶畑作業風景(明治中期)

茶楽かぐやは、地元福井の日本茶の味を
代々守りつづけてきたことから生まれました。

茶楽かぐやの起源、堀川製茶は創業明治初期

明治初期、堀川製茶の初代、忠治郎はあわら市(旧金津町)山十楽に茶畑を広め、
二代目忠治郎と共に、製茶の技術を
越前の風土にあったものに改良・発展をさせました。
そして全国茶品評会で褒章を授賞し、
越前で作られた緑茶を全国に知らせしめる事となります。

三代目の保、四代目の與三右ヱ門は茶農家と協力し、
先代からの技法で茶問屋に荒茶の販売を始めます。
そして自分達が作る想いある緑茶を、直接お客様にという考えから、
地元に直営店を作り、茶道具等も扱うようになりました。

今では越前に茶畑はありませんが、
五代目の私、與一郎は各産地の茶農家と今の時代にあった日本茶を考え、
越前茶文化や日本茶文化を継承し、皆さまに日本茶の素晴らしさを
本物志向でお伝えしていきたいと思っております。

3代目、保 製茶風景(昭和20年後期)

全国品評会に於いての賞状(明治16年)